タイソン ダグラス。 タイソンvsダグラスから30年。「あれはロングカウントではなかった」。レフェリーが明かす疑惑の真実(三浦勝夫)

タイソンに対戦オファー続々 今度は〝世紀の番狂わせ〟ジェームス・ダグラス氏が名乗り (2020年12月2日)

😘 米紙「USA TODAY」は「次にマイク・タイソンと戦うのは誰か」とし 1990年2月に東京ドームで行われたWBA、WBC、IBFヘビー級タイトルマッチで当時〝無敵〟だった王者タイソンに10回KO勝ちし〝世紀の番狂わせ〟と世界を驚かせたジェームス・ダグラス氏(60=米国)が再戦を望んでいると報じた。 タイソン陣営は試合後、8回のロングカウントを抗議し、WBAとWBCが結論を持ち越したが、後に裁定通りの結果が認められた。

13

タイソンに対戦オファー続々 今度は〝世紀の番狂わせ〟ジェームス・ダグラス氏が名乗り

⌚ タイソンはスピンクス戦の直後、ダマトの直弟子だったトレーナーのケビン・ルーニーと、マネージャーのビル・ケイトンを更迭(キングの策略)し、ダマト・システムを理解しないトレーナーの下でボクシングの型崩れを起こしてしまい、取り返しのつかない事態に自らを追い込んでしまった。

1

「タイソン、ダウン!」世紀の大番狂わせの“真相”:イザ!

🌏 ドン・キングも『2度とあのレフェリーを世界タイトルマッチで使うな!』とすごい剣幕だった。 いまだ復調のきざしが見えず、ついにタイソンはこだわってきた体重調整を変更した。

19

タイソン肉体にも変調“史上最も太い首”が細く…

🍀 バレーボール [2月7日 19:58]• 打ち合ったら負けるのはわかっていますから、自分の間合いで連打が出ているうちは打ちますが、タイソンの間合いに入った途端抱き付きにいく。 体重も300ポンド(136キロ)まで増えたと聞いた。 後楽園ホールで米軍の横田基地勤務のフラッシャー石橋(本名スティーブン・スミス=元日本ミドル級王者)を相手に3回KO勝利を収めている。

14

「タイソン、ダウン!」世紀の大番狂わせの“真相”:イザ!

✋ タイソン陣営は試合後、8回のロングカウントを抗議し、WBAとWBCが結論を持ち越したが、後に裁定通りの結果が認められた。 初回、両者の動きは対照的だった。 テニス [2月15日 18:00]• 初めて見る王者は常に不機嫌そうだった。

13

タイソンに勝った時のダグラスはラリー・ホームズのようなボクシングをやって...

✔ プロボクシング: 46戦 38勝(25KO) 6敗 1分 1NC 獲得タイトル [ ]• 「前に見たときとほとんど変わっていません。 、2度目の引退。 同11日の試合では約3年ぶりに100キロを超える体重でリングに上がることが確実になった。

17

【1990年2月11日】無敵タイソンがKO負け「ボクシング史上最大の番狂わせ」(スポーツ報知)

💙 ある通信社は「ボクシング史上最大の番狂わせ」と速報を打電した。 5月31日、プロデビュー。

4

【1990年2月11日】無敵タイソンがKO負け「ボクシング史上最大の番狂わせ」(スポーツ報知)

☢ 東京オリンピック2020 [2月9日 23:47]• しかし、同10月のイベンダー・ホリフィールドに3回KO負けを喫して引退を表明。

15

「世紀の番狂わせ」から30年 タイソンを倒した男、ダグラスの栄光と苦闘とは: J

☮ 「もしあの試合で私に過失があったとすれば、起き上がったダグラスのグローブをシャツで拭かなかったことだ」. 6年のブランクの間にうつ病を発症。 30年の時空を超えて映像を見直してみた。

12