歎異 抄。 名著53 「歎異抄」:100分 de 名著

名著53 「歎異抄」:100分 de 名著

🤫 一 法然聖人ならびに御弟子七人、流罪。

『歎異抄』解説・本当は怖い歎異抄の門外不出の秘密をすべて公開!

😙 解説はこちら 歎異抄 第7章 原文 念仏者は無碍の一道なり。 そのゆえは、 「善信が信心も聖人の御信心も一つなり」 と仰せの候いければ、勢観房・念仏房なんど申す御同朋達、もってのほかに争いたまいて、 「いかでか聖人の御信心に善信房の信心一つにはあるべきぞ」 と候いければ、 「聖人の御智慧才覚博くおわしますに、一つならんと申さばこそ僻事ならめ、往生の信心においては全く異なることなし、ただ一つなり」 と御返答ありけれども、なお 「いかでかその義あらん」 という疑難ありければ、詮ずるところ聖人の御前にて自他の是非を定むべきにて、この子細を申し上げければ、法然聖人の仰せには、 「源空が信心も如来より賜りたる信心なり、善信房の信心も如来より賜らせたまいたる信心なり、 さればただ一つなり。

16

歎異抄

⚐ かえすがえすも、あるべからざることなり。 故聖人の仰せには、 「卯毛・羊毛のさきにいる塵ばかりも、つくる罪の宿業にあらずということなしと知るべし」 と候いき。 後序 [ ] 後序は、それまでの文章とは間を置いて執筆されている。

歎異抄を読むときおすすめの解説書は?

☢ 上り下りを繰り返し、笑ったり、叫んだり、泣いたりしてやがてスタート地点におとなしく戻ってくるのです。

18

『歎異抄』が好き!日本人の心をガッチリつかむその理由は?

🤛 一番 西意善綽房、 二番 性願房、 三番 住蓮房、 四番 安楽房。 そんな仏縁深いあなたには、何とかいい解説書を紹介したいというのが人情です。 次に、「善導の御釈」と「法然の仰せ」という二師の相承を挙げられたのは、法然聖人が、自身の念仏の信のよりどころを語られるとき、つねに「ひとへに善導一師による」といわれていたものをうけられたものです。

15

歎異抄

✔ すなわち「生死いずべき道」を「往生極楽の道」として教えたもうたのが浄土門の教説であり、 本願の念仏を極楽に生まれてゆく道といただいて、生と死をこえていったのが浄土門の古 こ 聖先達 しょうせんだつ だったのです。 いつも考えさせられるメルマガで、珍しく、長南さんのメルマガを隅々まで読んでます。 さればとて、身にそ なへざらん悪業は、よもつくられ候はじものを。

11

『歎異抄』解説・本当は怖い歎異抄の門外不出の秘密をすべて公開!

🖖 かつは諍 論のところにはもろもろの煩悩おこる、智者遠離すべきよしの証文 候ふにこそ。

6

歎異抄の旅⑫[大阪・滋賀編] 聖徳太子の御廟へ

☣ 願にほこりてつくらん罪も、宿業のもよおすゆえなり。

14

『歎異抄』第二条

✊ 『御消息』に、 如来の誓願は不可思議にましますゆゑに、仏と仏との御はからひなり、凡夫のはからひにあらず。 しかれども、自力の心をひるがえして、他力をたのみたてまつれば、真実報土の往生を遂ぐるなり。 まことに我も人も空言をのみ申しあい候中に、一つ痛ましきことの候なり。